絶対に失敗しない切手相場マニュアル

たとえバラの切手だったとしても買取はしてもらえるのですね。


私は初めて知りましたが切手を買い取ってもらう時にどうやって台紙に貼りつけたらいいかを調べてみたら、綺麗に並べなければ受け付けてもらえないようなのでちょっと躊躇してしまいます。


とはいえ、ただ貼り付けるというだけでより高値で買い取られるのなら、手間をかけてやってみるのもアリかなと思います。


珍しい切手の買取は店頭買取と、インターネットを使った方法があります。


店頭に直接赴く場合、時間や手間がかかってしまいますがいい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。


けれども、業者によって買取額にバラつきがあるので、「高く売りたい」というのならインターネットを利用することをお勧めします。


「一度使った珍しい切手に価値なんかない」と諦めている人もいるかもしれないですが案外、予想外の結果になるかもしれません。


中でも、古いもので大切に保管されていた良いコンディションのものでマニアにはたまらない一枚であったりすると既に使用してしまった切手であろうとも売れることがあります。


万が一ご自宅にその様な切手が眠っていたら、切手を買取してくれるような鑑定士に、一度話してみてください。


実際に切手を買取してもらうケース、珍しい切手を買い取りしてくれる業者に直接行くだけでなく依頼すれば宅配買い取りという方法を使うことが出来ることもあります。


そういった時には、宅配料金を負担してくれたり、梱包材まで用意してくれる買取鑑定士も多くあります。


ですが、売る珍しい切手が一定量以上ないと適用外、ということもありますので注意しましょう。


もし旧価格の切手を新価格の切手へ換えてもらう場合、その差額だけではなく、別に手数料を支払う必要があります。


10円以上の切手のケースには1枚あたり5円支払う必要があり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、得をする場合もありますし、時と場合によっては、買取を行っている鑑定士に、売った方がいいという場合もあるでしょう。


年賀はがきでお年玉くじの番号を調べると、だいたい毎年珍しい切手が当たるのでふと見てみれば結構な枚数になっていました。


私のケース、懸賞などにはがきを使うことはあっても、年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


いつも通るところに金券ショップがあったので、仕事がない日に、不要な珍しい切手を買い取りコーナーに持ちこみました。


簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、思っていたよりもいい値段で売れたので少しリッチになりました。


大抵の場合には、切手の値段自体はそこまでの高い値段になることは少ないため常識では考えられないくらいの量の切手を買い取ってもらったという場合を除けば、税金の申告が必要になることはありません。


ですが、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、そういったものをまとめて売った場合、予想以上の額になって、もしかしたら税金の申告をしなければならなくなるかもしれません。


切手は紙でできていますから実は繊細なものです。


殊に熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、高値での買取を実現するためにも、注意して保管する必要があります。


ストックリーフとかストックブックをうまく使って直射日光を避けて保管してください。


湿気も避けて保管しましょう。


大体の切手の買い取りにおいては、一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買い取り方法が主流でしたが、ここ最近の傾向としてニーズに応えて買取の際の出張や、宅配も行う業者もよくあります。


たくさんの切手を売りたいという時に、店頭へ運ぶのは骨の折れる仕事です。


それだけでなく、ご自宅と店が離れているという方の場合も、交通費をかけて長時間かけて来られるよりも、買取の際の出張や、宅配も行う鑑定士に依頼すべきでしょう。


ほぼすべての切手を買い取る鑑定士ではプレミア切手として扱われる切手の買取の受け入れも行っています。


念のため、プレミア切手について説明すると、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。


なかなかないものなので、シートとしてでなくバラであっても高く買い取られる見込みがあります。