コンビニかけ合わせグルメ

さまざまなメディアでも報道されている低炭水化物ダイエット。


成功したという人はいますか?でも、炭水化物(糖質)が不足すると、体への弊害が出る場合もあります。


もし行うなら、仕組みをしっかり理解して行う必要があるでしょう。


管理栄養士が解説します。


糖質制限ダイエットは、単に炭水化物を抜くダイエットではありません。


糖質と炭水化物は同じようで違うものです。


今回はその違いと、炭水化物の摂取目安、おすすめの主食を紹介していきます。


炭水化物とは、ブドウ糖や果糖などの単糖から構成されているものの総称で、体内に吸収されてエネルギー源になる「糖質」と、消化吸収されずエネルギーにならない「食物繊維」とに分けられます。


本頁では、炭水化物の種類・吸収と働き・1日の摂取基準量・炭水化物が不足するとどうなるか、炭水化物を多く含む食品について解説します。


日々の食事に糖質制限を取り入れている人、結構いますよね。


おもに糖質の代表格である炭水化物、いわゆる米とかパンとか麺類を控えるわけですが、こうした主食抜きの食事はボリューム的に物足りないと思う人もいるかもしれません。


また、長らくカロリーに気を使った食生活を送ってきた人は、なんとなく「高カロリーの食材 = 糖質も多い」という誤ったイメージを抱きがちです。


そこで今回は、「糖質制限中でも食べられるメニュー」をいくつかご紹介します。


ダイエット業界を席巻している最新メソッドといえば「ケトジェニック・ダイエット」。


コートニー・カーダシアンやハル・ベリーをはじめとするその実践者たちは、高脂肪&低炭水化物のこの食事法のおかげで、短期間での減量に成功したと明言!すぐにでも始めてみたいと思った人のために、ケトジェニック・ダイエットの基本をご紹介。


ちなみに、ベーコンやチーズは食べてOKなので安心して。


【PR】 炭水化物を食べても太らない理由(メカニズム)や、”ダイエットにおすすめの炭水化物と、そうでない炭水化物”をご飯、麺、パン類に分けてご紹介します。


tansuikabutu